PR

ニュース コラム

【思ふことあり】背伸びをしてでも世界に挑む スポーツジャーナリスト・増田明美

Messenger
シカゴマラソンで日本記録を塗り替え、航空会社が用意した日本新記録を祝う幕の前でポーズをとった大迫傑=成田空港(佐藤雄彦撮影) 
シカゴマラソンで日本記録を塗り替え、航空会社が用意した日本新記録を祝う幕の前でポーズをとった大迫傑=成田空港(佐藤雄彦撮影) 

 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)がスタートしたのは1993年。その16年も前にドイツのプロサッカーリーグ、ブンデスリーガの選手として活躍したのが奥寺康彦さんである。

 日本のアマチュア選手であった奥寺さんが、当時、世界最高峰といわれていたドイツのプロリーグに挑戦。25歳で結婚もしていたが、常にコミュニケーションが必要な競技。言葉の壁もあったことだろう。相当な覚悟が必要だったに違いない。

 また、95年、当時、実力差が大きいといわれていた米国プロ野球の大リーグで活躍したのが野茂英雄さんだ。渡米前は多くの人が「通用しないんじゃないか」と疑心暗鬼だった。それが、屈強な強打者から三振の山を築き、勝利を重ねると、手のひらを返したように称賛の嵐に変わった。

                □  □

 欧州サッカーリーグや米大リーグで奥寺さんや野茂さんが切り開いた道を今、後輩たちが歩んでいる。そして、ついに陸上長距離界にも現れた。

 10月7日、シカゴマラソンで2時間5分50秒の日本新記録をマークした大迫傑さん。米国で暮らして練習に励むが、先日、一時帰国され、テレビの番組でお会いする機会に恵まれた。

 メディアは大迫さんの特徴である「フォアフット走法」という、つま先で着地する走り方に注目していた。ご一緒した番組も「マラソンの常識を変えた」と銘打って企画。だが、本人に走り方の質問をすると、「フォアフット、フォアフットといわれるので私もインターネットで調べました」と。本人はそれを意識していなかった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ