PR

ニュース コラム

【新聞に喝!】少子化時代、大学教育の再構築を ブロガー・投資家・山本一郎

Messenger

 さらに、降って湧いた一連の文部科学省の不祥事で文科次官人事をめぐって波乱もあり、2020年度からの大学入試改革、AO・推薦入試や民間検定の導入、外国人留学生の受け入れにおいても懸念は深まるばかりです。決して多額とはいえない科学研究費助成事業(科研費)の管理方針や、大学運営が組織経験の乏しい教授会に一任される状況も含めて、日本の大学教育や大学生の就職活動をめぐる環境は悪化の一途をたどっているようにも見えます。国際的な大学ランキングの長期低迷とともに、研究開発をする下地が失われて論文発表数も先進国の中で独り負けの状況にありますし、少子化で大学に進む子供の数は減少しているのに大学の統廃合が合理的に行えないなどの問題が山積しているのが実情です。

 先日、ノーベル医学・生理学賞の受賞が決まった本庶佑(ほんじょ・たすく)氏は、日本の基礎研究の現場の危機的状況についての苦言を記者会見で述べていました。教育と研究、そして社会に出るための訓練の場という大学が持つべき多面的な機能を改めて見直し、日本社会が必要とする「知のかたち」を形作るためにどのような大学改革を必要とするのか、少子化時代の教育の在り方を再構築する必要に迫られている、というのが実態ではないでしょうか。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ