PR

ニュース コラム

【iRONNA発】ノーベル賞報道 「お祭り騒ぎ」メディアの思考停止を憂う

茂木健一郎氏
Messenger

 □茂木健一郎氏

 ノーベル賞でこれほどバカ騒ぎする国が他にあるのだろうか。むろん、日本人の受賞は喜ばしいことだが、マスコミは受賞理由などそっちのけで、当人や家族をただ追いかけ回す。ノーベル賞狂想曲、もうウンザリです。(iRONNA)

 人類の文明は、科学技術なしには成り立たない。そして、科学技術の大発見に導くのは、多くの場合一人一人の研究者の独創性、努力である。その意味で、ノーベル賞で科学に偉大な貢献をした方が顕彰されるのは素晴らしいことだと思う。

 ただ、日本のメディアの報道のあり方には大いに疑問が残る。日本人が受賞するとうれしいというのは素朴な心情として分かる。ノーベル賞の受賞が日本の科学力、技術力の指標になるという思いも分かる。だが、少し度が過ぎていないだろうか。

 受賞者に日本人が含まれていたときのメディアスクラム的な喧騒(けんそう)に比較して、含まれていなかったときのベタ記事扱い、短報で済ませる差異が、あまりにも大きすぎる。人類共通の課題として、科学や技術をとらえるのならば受賞者に日本人が含まれていなかったときにも、もっと報道してよいはずだ。

 ノーベル賞が注目される理由は、その選考が徹底して、公正に行われているからである。田中耕一さんが受賞されたとき、学会のインサイダーたちが驚いていたが、選考委員会はそれくらい深く徹して関連分野の業績を調べる。日本の賞が、ともすればお手盛り、権威主義、集団主義になるのとは異なる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ