PR

ニュース コラム

【正論】責任ある平和国家の9条論議を 防衛大学校教授・神谷万丈

Messenger

 自衛隊をこのような目で見る人たちが、自衛隊の存在を憲法に明記することには反対や躊躇(ちゅうちょ)を示す。私が知的に不誠実というのは、そうした態度のことだ。自衛隊は違憲だから自分には必要ないと考えるのか、自衛隊は必要だから合憲でなければならないと考えるのか。このいずれかをはっきりと選ぶのが知的に誠実な態度というものだろう。

 平和と軍事は対立しない

 次に、国民には、平和のために軍事力が果たす役割から目をそらしてほしくない。先の大戦の後遺症として、日本国民には、平和を構築する上で軍事力には不可欠の役割があり、平和を求める国家には時として軍事力を「使う」意思も求められるのだという認識がいまなお乏しい。

 だが、現実には、力によって下支えされない平和はあり得ない。軍事力が危険な一面を持つことは間違いない。それは、人を殺傷し、ものを破壊する能力を持つからだ。だが、その危険な道具を使いこなせなければ、平和を手にすることはできない。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ