PR

ニュース コラム

【社説検証】内閣改造 産経「政治に停滞許されぬ」 朝日「内向き人事」と批判 

Messenger

 首相は「全世代型の社会保障制度へと3年で改革を断行する」と言明したが、産経は「年金や医療、介護、少子化対策などの政策は密接に関係する。社会保障改革にとって3年という時間は短いと認識すべきだ」と指摘し、首相自らが改革の全体像を示すように求めた。

 来年10月には社会保障財源に充てる消費税の税率が10%に引き上げられる。消費増税は2度にわたって見送られたが、読売は「今度こそ、増税に耐えられる経済環境を整えてもらいたい」と論じた。

 そのうえで「膨張する医療、介護、年金を抑制しつつ、次世代への給付を充実させることが重要である。負担増を伴う制度改正は避けて通れない。国民の理解を得ながら、実行することが政治の責任となる」として首相が改革の先頭に立つように求めた。

 憲法改正や社会保障改革などの課題を解決するには、その必要性を国民に理解してもらうだけでは足りない。実現に向けて取り組むリーダーの姿勢に国民の幅広い共感を得ることが不可欠だ。謙虚で正直でない人が共感されるはずもない。この事実を厳しく受け止めてほしい。(井伊重之)

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ