PR

ニュース コラム

【目線~読者から】(9月27日~10月3日) 中韓のルール違反 「国際社会の一員なら慎め」

Messenger
平成27年の海上自衛隊観艦式で航行する艦艇と旭日旗=神奈川県沖(三尾郁恵撮影)
平成27年の海上自衛隊観艦式で航行する艦艇と旭日旗=神奈川県沖(三尾郁恵撮影)

 第4次安倍改造内閣が2日、発足しました。憲法改正に外交、防衛、経済、社会保障…など重要政策課題がめじろ押し。今月下旬召集予定の臨時国会における論戦が注目されます。

 こうした中、10~14日に韓国南部の済州島で開かれる国際観艦式の参加国に対し、韓国は海上パレード中は艦艇上に自国の国旗と韓国国旗だけを掲げるよう通知しました。日本から参加する海上自衛隊の自衛艦旗「旭日旗」の掲揚自粛を求めたということになります。軍艦旗に当たる自衛艦旗の掲揚は、軍艦と民間船舶を区別するために課せられた国際ルール。韓国側の要請は常識に反すると言わざるを得ません。

 「韓国(の要請)は国連海洋法条約違反と、日本の国会で内外に発信すべきです」▽「日本の軍国主義を連想するからとの理由だが、国際的な慣例で定められたことを、自国民の感情に左右されていいのか。国際社会の一員ならばわがままを慎まないといけない」(以上、メール)▽「日本には何を言っても許されると思われているのではないか。それが残念」(東京都、80代男性)-といった批判が寄せられています。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ