PR

ニュース コラム

【正論】本庶先生、お待ちしていました 動物行動学研究家、エッセイスト・竹内久美子

動物行動学研究家でエッセイストの竹内久美子氏
Messenger

 名前はすでにとどろいていた

 「君は本庶佑(ほんじょ・たすく)先生を知らないのか!」-1980年代の初め、私は京都大学理学部動物学教室の日高敏隆研究室の大学院生だった。ちょうどその頃、日高先生と数人の弟子たちが中心となって「日本動物行動学会」を設立した。冒頭の言葉はその設立直後に日高先生から私に発せられたものだ。

 先生はそもそもこう述べた。「本庶佑先生が日本動物行動学会に入会してくださった。あの本庶先生がだよ!」

 「えっ? ほんじょう先生ですか?」

 「違うよ、本庶先生だよ。大変偉い先生なのに、君は本庶先生を知らないのか!」

 本庶先生の名声は当時、私が知らないだけでとどろきわたっていた。しかしその名声は、今回のノーベル医学・生理学賞受賞の対象となった、免疫チェックポイント阻害剤、オプジーボの開発へとつながるPD-1の発見によるものではない。PD-1は免疫作用の中心的役割をなすリンパ球の一種、T細胞の表面に存在する。免疫の作用にブレーキをかける働きを持つタンパク質だが、その発表は92年になってからだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ