PR

ニュース コラム

【スポーツ茶論】選手会長として寄付、チャリティーに注力する石川遼 「スポーツ界が持っている力を社会に」の素敵さ 清水満

Messenger

 日本の男子ゴルフを見ると、ギャラリー数は、1991年の98万6千人をピークに昨年は約29万人まで落ち込んだ。低迷している。石川は選手会長就任以来、ファンサービス、ホスピタリティーなど選手を巻き込みゴルフの魅力を訴え、イベントなどで積極的に動いているが、いま「もっと」を夢に描いている。

                □   □

 社会貢献、慈善活動にはときには“売名行為”とやっかむやからがいるが…。

 「そんなのは言わせておけばいい。オレらは人に生かされている。確かにお金が必要です。でも、お金がなければ(行動する)時間を提供すればいい。お金も時間もない人は理解すればいい。それも社会貢献」

 歌手で俳優の杉良太郎さんの言葉。過去、社会貢献に40億円以上も私財を投じた。日本のスポーツ社会全体が、こんな思考で行動したらすてきな気がした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ