PR

ニュース コラム

【宮嶋茂樹の直球&曲球】「発砲前に警告したのか?」だって? あんたの家族、人質にしても射殺したらアカンのか?

Messenger

 また、痛ましい事件がよりによって東日本大震災の被災地、仙台市で起こった。夜明け前、交番で勤務中の清野裕彰(せいの・ひろあき)巡査長(33)=警部補へ2階級特進=が「金を拾った」と訪れた若い男に襲われ、殉職されたのである。犯人の大学生、相沢悠太容疑者(21)と争う声がして、あわてて交番の別室から出た同僚の警察官にも襲いかかろうとしたため、犯人に向けて拳銃3発を発砲、射殺した。

 この一報に触れた、テレビのコメンテーターや有名ジャーナリストらのノー天気なこと…。「発砲前にちゃんと警告をしたのか?」「どうして威嚇射撃をしなかった?」「3発も撃つ必要があったのか?」やの、揚げ句は「交番の警察官が襲われるのは拳銃奪取が目的」やの、警察官の拳銃不要論まで出てくる始末やないか。アホか、そんなたわ言コイとるのは言論界のみならず、政界でも不思議と「左寄り」の皆サマやろ。民間人の拳銃所持が実質できないわが国で大量殺人事件のほとんどは刃物によるものや。拳銃奪うてもシロートにはなかなか当たらんもんやし、第一弾丸尽きたらそれまでや。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ