PR

ニュース コラム

【主張】米朝首脳再会談 トランプ氏は功を焦るな

Messenger

 トランプ米大統領が、北朝鮮の核・ミサイル問題をめぐって金正恩朝鮮労働党委員長と再び会談する意向を表明した。

 6月の米朝首脳会談以降、金氏は非核化への「意思」はしきりと口にするが、実質的な行動はとっていない。それを引き出せなければ、再会談の意味はあるまい。

 トップ同士の交渉にさきがけてポンペオ国務長官以下、米政府関係者が一体となり、周到な準備を行うべきだ。制裁の厳格履行など強い姿勢で臨んでもらいたい。

 先の南北首脳会談の共同宣言で金氏は、寧辺の核施設の廃棄に言及したが、米国の「相応の措置」を前提条件とした。

 朝鮮戦争の終戦宣言や体制保証などを指すとみられる。国際社会の制止を無視して核・ミサイル開発に走ったのは北朝鮮である。悪行をやめるのに見返りを求める厚顔さにはあきれるばかりだ。

 北朝鮮の核・ミサイル戦力が深刻な脅威であるのに、体制保証や、在韓米軍駐留の正当性を弱めかねない終戦宣言は議論の対象とすべきではない。

 北朝鮮は1994年の米朝枠組み合意で、核開発を凍結すると嘘をついて重油や食糧を手に入れた。2005年の6カ国協議での核放棄の約束もほごにした。

 08年にも寧辺の核施設の一部を爆破してみせたが、核放棄には何らつながらなかった。偽りの政治ショーに長(た)けた国であることを忘れてはならない。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ