産経ニュース

【正論】大規模国債発行で日本強靱化を 京都大学大学院教授・藤井聡

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
大規模国債発行で日本強靱化を 京都大学大学院教授・藤井聡

京都大学大学院の藤井聡教授 京都大学大学院の藤井聡教授

 ≪秒読みに入った超巨大災害≫

 わが国は世界最大の災害大国である-多くの国民は今、その「真実」を痛感していることだろう。

 6月には大阪の「観測史上最大」震度を記録した大阪北部地震。7月には数多くの地点で「観測史上最大」降雨量を記録し、200人以上の犠牲者を出した西日本豪雨。

 同じく7月に「観測史上最高」気温を記録し、8月にかけて百数十人の熱中症死者を出した異常酷暑。9月には大阪湾での「観測史上最高」潮位を記録し、関西空港をはじめ大阪湾沿岸各地に大きな高潮被害をもたらした台風21号。

 そして台風が過ぎた翌日には、北海道の「観測史上最大」震度を記録し、すさまじい土砂災害と全域に停電(ブラックアウト)をもたらした北海道胆振東部地震-。

 豪雨や高潮は地震と必ずしも連動するものではないにもかかわらず、わずか11週間あまりでこれだけ「観測史上最高」が連発したのは、わが国があらゆる災害が襲いかかる「災害大国」であることの証左であり、かつ、各災害が文字通り「凶暴化」していることの証左だ。

 豪雨や台風が凶暴化しているのは、地球温暖化に伴う日本列島近海の海水温の異様な高まりの帰結だ。そして地震災害も同じく大規模化しているのは、東日本大震災のような巨大地震に象徴されるように、日本列島の地殻変動活動が未曽有の水準に活性化しているからだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング