PR

ニュース コラム

【正論】台湾に生きた明治日本人の精神 拓殖大学学事顧問・渡辺利夫

Messenger

 ≪10年の粒々辛苦の果てに

 広井を師とし青山を先輩として畏敬する八田與一は、明治43年の工科大学卒業と同時に、迷うことなく未開のフロンティア・台湾に向けて出立、台湾総督府土木課の技術者となった。

 台湾の中央部には北回帰線が走る。回帰線の北側は亜熱帯、南側は熱帯モンスーン気候に属する。稲作適地は台湾南西部の嘉南平原である。しかし15万ヘクタールに及ぶ平原の農地も、八田が初めて訪れた頃は全くの「看天田」であった。不作、凶作、豊作は天の采配次第で、人為ではどうにもならない。

 乾期には土壌が干上がり固まって鋤(すき)により耕起をしようにも歯が立たない。台湾には中央山脈と呼ばれる脊梁(せきりょう)が南北に連なる。雨期の大量の水は、分水嶺(れい)から急峻(きゅうしゅん)な山地を流れ落ち、平原を奔流し氾濫して田畑を埋没させてしまう。嘉南平原の開発とは、雨期における水の制御、乾期における給水の確保、つまりは水利灌漑(かんがい)施設の整備に他ならない。

 第一次大戦での内地の米不足が、富山など全国各地で米騒動となって頻発した。総督府幹部はかねて聞き及んでいた八田の構想を実現するよう命じた。構想は壮大であった。阿里山に源流を発する曽文渓の水系に烏山頭(うさんとう)という場所がある。ここに堰堤(えんてい)を構築、ためた水を嘉南平原に流す。

 なお不足する貯水量を得るために烏山嶺に3000メートルを超える隧道(ずいどう)を掘削。堰堤から放たれた水は、地球を半周するほどの総延長となり、あの荒涼たる平原が広大な緑の絨毯(じゅうたん)へと変じたのである。

 堰堤構築方法、「三圃(さんぽ)制」といわれる欧州中世の農法の平原への援用、ハード・ソフトの両面でみせた八田独自の構想の実現であった。起工から竣工まで実に10年の粒々辛苦の帰結でもあった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ