産経ニュース

【国語逍遥】(101)清湖口敏 ギオンは擬音? 地域限定で生きる「祗園」

ニュース コラム

記事詳細

更新

【国語逍遥】
(101)清湖口敏 ギオンは擬音? 地域限定で生きる「祗園」

パソコン画面に出てくる「祇園」の変換候補 パソコン画面に出てくる「祇園」の変換候補

 『●東綺譚(ぼくとうきだん)』『つゆのあとさき』など永井荷風の作品群をほぼ40年ぶりに読み返している。

 若い頃に読んだときは、作品中に出てくるおびただしい数の東京の地名に大きな戸惑いを覚えたものである。ずっと大阪で暮らしてきた私にとって、千住、言問など古典でもなじみのごく少数を除けば、大半がチンプンカンで、砂町、亀井戸、白髯(しらひげ)橋、葛西、向島、洲崎、千駄木(せんだぎ)町…ときた日には、まるで迷宮に踏み込んだも同然だった。

 東京へ移って10年余。主な作品の舞台の地もあらかた逍遥し終え、ならばここらでもう一度と、荷風を読み始めたのである。

 地理的なイメージが鮮明になったためか、それとも馬齢を重ねて少しは男女の機微も分かるようになったためか、『●東綺譚』は初めて読んだときよりも格段に面白く感じられた。

 思わぬ成果も得た。「作後贅言(ぜいげん)」と題された一章で「●」の字の由来を教えられたのである。以前はきっと読み飛ばしていたのに違いなく、件(くだん)の章は全く記憶に残っていない。東京の地名に食傷していたとはいえ、いかに散漫な読書態度であったかを今更ながら思い知った次第である。

 その作後贅言にはこうある。「向島寺島町に在る遊里の見聞記(けんもんき)をつくって、わたくしは之(これ)を●東綺譚と命名した。●の字は林述斎が墨田川を言(いい)現(あらわ)すために濫(みだり)に作ったもので(中略)文化年代のことである」。つまり●は、中国渡来の漢字ではなく、日本で創作された和製漢字、すなわち国字であるというのである。

 広辞苑も「ぼくとう(●東・墨東)」の項で「今の東京都墨田区一帯、すなわち隅田川中流東岸の雅称」の語義とともに、「●は墨田川の意。江戸時代、林述斎の作字という」と解説している。作後贅言の一節に依拠したものか。

続きを読む

「ニュース」のランキング