産経ニュース

【蔭山実のスポーツ茶論】伸びしろは試合で見つかる

ニュース コラム

記事詳細

更新

【蔭山実のスポーツ茶論】
伸びしろは試合で見つかる

 「伸びしろは、試合で見つかる」。その通りだと、野球場に貼られていたポスターを見て思った。

 今夏も新潟県の三条市で「大学野球サマーリーグ」が開催された。レギュラーの座を狙う若手選手の育成の場として2015年に始まった。観客や応援のある野球場で対外試合を通じてこそ自分の可能性と、それを実現する課題が見える。それをしっかりとつかんで成長していく。そんな思いの込められた大会だ。

 東京六大学野球連盟の慶應義塾大学、早稲田大学、明治大学、立教大学、東都大学野球連盟の東洋大学、首都大学野球連盟の筑波大学の計6チームが、総当たり戦を行った。これに、地元の新潟医療福祉大学が開幕戦の1試合だけ参加し、慶大と戦った。

 8月9日から12日の4日間、2球場に分かれて戦った。1日に4試合と、甲子園の全国高校野球選手権並みの日程もこなした。ダブルヘッダーも当たり前なら、2試合目は別の球場に移動して戦うこともある。試合用ユニホームを初めて着る選手もおり、猛暑の中でも、みんなはつらつとプレーしていた。

                  

 サマーリーグは一方で、運営を参加大学の学生企画チームが行い、選手の育成だけでなく、裏方の学生の成長にもつながっている。

 チームとともに運営を支える球場指定管理者の責任者は最終日、「半年前にスタートしたが、そのときと今ではまったく企画チームの目の輝きが違う。学生たちは本当に成長したと思う」と語った。

 企画チームはチームの受け入れから、リーグの宣伝や広報、さらには企業からの協賛金集めなど、長い期間をかけて知恵を絞り、奔走した。当初はどうしていいか不安そうだった学生も、最後は誰もが仕切る力を見せていたと思う。

続きを読む

「ニュース」のランキング