PR

ニュース コラム

【正論】秩序の混迷は米国衰退の表れか 杏林大学名誉教授・田久保忠衛

Messenger

 日本とドイツは防衛ジレンマに

 もう1つは、ハーバード大学のグレアム・アリソン教授による「リベラル・オーダーの神話」だ。同教授は紀元前5世紀のアテネとスパルタの戦いを分析した末、新興の大国は既存の大国に挑戦するとのトゥキディデスの法則を紹介し、「トゥキディデスの罠(わな)」の言葉を流行させた。彼の説によると、米国主導のリベラル・オーダーはソ連の脅威に対抗するため欧州ではドイツ、アジアでは日本の経済復興が狙いであった。

 欧州援助のマーシャルプラン、国際通貨基金(IMF)、世界銀行は経済面、安全保障面での体制はNATOとアジアでは日米安保条約のほか、網の目のように張り巡らされた2国間の同盟条約がある。そこで「悪の帝国」に対する思想面で強調されたのが国際法規を基にした秩序であって、米国は最初から民主主義を海外に広めようと志したものではないという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ