PR

ニュース コラム

【主張】アベノミクス 強い経済への道筋を競え 実態見据えた現実的な論戦を

Messenger

 自民党総裁選は、5年半を超えるアベノミクスを総点検し、力強い経済を取り戻す方策を改めて議論する、絶好の機会である。

 景気回復といっても、国民の実感は乏しい。恩恵は十分に行き渡っていない。家計は財布のひもをなかなか緩めない。いずれもかねて指摘されてきたことである。

 これにどう応えるか。過去の実績を誇示するだけでは済まされない。足らざる部分に真摯(しんし)に向き合い、経済の好循環を果たす具体的な道筋を論じ合うべきである。

 来秋の消費税増税や米国発の貿易摩擦など懸案は山積している。いつまでもアベノミクスは「道半ば」というわけにはいかない。

 総点検する好機とせよ

 安倍晋三首相は出馬表明に際して「まっとうな経済を取り戻すことができた」と、これまでの政策の成果を訴えた。

 アベノミクスを過小評価することは適切ではない。

 日銀の大規模緩和により、旧民主党政権下で進んだ極端な円高や株安は修正され、多くの大企業が過去最高の収益を上げている。人手不足と表裏一体ながら雇用環境は大きく改善し、非正規社員を中心に所得も伸びている。

 それでも、足元の成長は力強さに欠けている。いまだ個人消費は盛り上がらず、何よりも、政権が重視してきたデフレからの完全な脱却にてこずっている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ