PR

ニュース コラム

【オリンピズム 道 東京へ】スランプ脱出へ導き出した答えとは  水面舞う“蝶”池江璃花子(3)

2017年7月の世界選手権で悔しそうな表情を見せる池江=ブダペスト(恵守乾撮影)
Messenger

 「本当にうれしい…」。中学校を卒業して1カ月足らずの池江璃花子(ルネサンス)は言葉を詰まらせた。2016年4月の日本選手権。女子100メートルバタフライで初めて日本一となり、念願だったリオデジャネイロ五輪の代表切符をつかんだのだった。

 前年の世界選手権代表選考会では、予想外の予選落ちを経験。一抹の不安が脳裏をよぎる中で、夢を実現させた。

 とはいえ、五輪を目指してから2年にも満たない。中学2年夏に中学記録を更新して「五輪」を意識するようになった後、瞬く間に日本トップに躍り出ただけに「五輪がどんな舞台か想像もできない」状態だった。ところが4カ月後、世界ランキング14位で迎えたリオ五輪本番で“水を得た魚”となる。

 世界の名だたる強豪と肩を並べ、最も緊張する五輪初日の予選。いきなり57秒27の日本新記録を樹立すると、準決勝で57秒05、翌日の決勝では日本人初の56秒台へと突入する56秒86をマークした。泳ぐたびに記録を塗り替える驚異的な強さを見せ、気がつけばメダル争いに加わっていた。3位表彰台までの差はわずか0秒23という5位だった。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ