産経ニュース

【目線~読者から】(8月16~22日) 大阪府警富田林署から容疑者逃走 「『失態』の表現では済まない」

ニュース コラム

記事詳細

更新

【目線~読者から】
(8月16~22日) 大阪府警富田林署から容疑者逃走 「『失態』の表現では済まない」

強盗傷害などの容疑で留置されていた容疑者が逃走した富田林警察署の南側の塀周辺を捜索する鑑識ら=14日午後、大阪府富田林市(永田直也撮影) 強盗傷害などの容疑で留置されていた容疑者が逃走した富田林警察署の南側の塀周辺を捜索する鑑識ら=14日午後、大阪府富田林市(永田直也撮影)

 ■「『失態』の表現では済まない」

 お盆休み最中の12日夜、大阪府警富田林署から強盗傷害などの容疑で捕まっていた容疑者の男が逃走して約2週間行方が分からなくなりました。

 「お粗末な話」(神奈川県、73歳男性)▽「警察はたるんでいる」(埼玉県、70歳男性)▽「産経抄に『大失態』とあるが、署の一握りの人間の怠慢が税金の無駄遣いを生じさせている。大失態という表現で済ませてもらいたくない」(大阪府、72歳男性)

 また、「警察ばかり責めるが、接見後、警察に知らせなかった弁護士に問題がある」(東京都、80歳男性)▽「弁護士の無責任さに触れた報道がない」(同、女性)との声も寄せられました。4月には愛媛・松山刑務所の造船作業場から受刑者の男が逃げて広島市で捕まっており、「またか」とお感じの向きも多いと思います。

 全日本剣道連盟の居合道昇段審査で金銭授受などが明るみに出た問題に対しては、さっそくご意見が集まりました。

続きを読む

「ニュース」のランキング