PR

ニュース コラム

【一服どうぞ】他人に手差し伸べる器量 裏千家元家元・千玄室

千玄室氏(寺口純平撮影)
Messenger

 地震大国日本といわれ、活火山も多い列島では、しばしば地震が起こる、そして、過去に例をみない大雨などもあり、天災は恐ろしい。単に天災のみならずそこに人災と呼べる様(よう)なことが入ってくる時(とき)もある。凄(すさ)まじい被害だと「どうしてこんなことに」と異常気象を嘆く。何かの祟(たた)りか、神の怒りに触れたかと思う方もおられる。

 陰陽五行の教えである易学は中国で成立した。色々な災害がある度(たび)、この陰陽によって占われた。陰は月で、陽は太陽である。この世の全ては陰と陽の対称であり、木火土金水の五行で構成され、万物が動いているといわれる。雨や風による天災は恐ろしく、色々なところで被害があるが、どこか人ごとのように思い、自分の所でなくて良かったと呟(つぶや)くのは己だけではないだろう。しかし、人々は天災や人災の起こる毎(ごと)に他の人の為(ため)に救助に駆けつける。情の心を自然に発揮するのである。タイで13人の少年とコーチが困難だと思われた洞窟から救助された。さすが仏教の国、僧侶が皆さんと一緒に祈りを捧(ささ)げている映像がTVに映し出された。共に合掌し、無事を祈る姿は胸をうった。洋の東西を問わず、あらゆる災難に人々は救いの手を差し伸べるとともに神仏に祈る。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ