産経ニュース

【正論・戦後73年に思う】わが生涯の教育と文化への疑念 新潟県立大学教授・袴田茂樹

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論・戦後73年に思う】
わが生涯の教育と文化への疑念 新潟県立大学教授・袴田茂樹

 私は、敗戦の前の年に生まれたので、戦後73年はそのままわが生涯だ。それを振り返って痛感するのは、自分の受けた教育の貧しさである。それに関連して、私事で恐縮だが2、3のエピソードを伝えたい。

 ≪古典を理解し楽しむ力の大切さ

 先日知り合いの大学生から、国家試験に受かった、外務省に入りたいので卒業までに中央アジアとその周辺に関する知識を得たいが、何を読むべきか教えてほしいと訊かれた。

 私は次のように答えた。外交官に必要な具体的知見は、仕事に直面すればいや応なく身につけられる。今の君により重要なのは、今後、国内外の一流の人物と単に仕事上だけでなく人間として対等につき合える本物の教養を身につけることだ。そのためには、古今東西の古典を-思想でも文学や芸術でも-しっかりと理解し楽しむ力を養うことだ、と。

 さらに、次のことを付け加えた。教養とは秀才が弄ぶ「知的アクセサリー」、すなわちどのような事柄に関しても、一応の知識は披露でき解説もできるという小賢(こざか)しさではない。物事の本質を徹底的に考え抜くこと、あるいは本物の芸術や文化に感動する感性を培うことである、と。

 こう述べた背景は、私が受けた戦後教育の貧しさを痛感することが多かったからだ。17世紀の仏哲学者デカルトは、大思想家でありながら、千年以上前のギリシャ、ローマの古典に付け加えることは自分には何もないと述べ、良書に親しむことは過去の最も優れた人たちとの対話だと述べている。真剣な格闘でもあるだろう。

続きを読む

「ニュース」のランキング