PR

ニュース コラム

【日曜に書く】あまりに残酷で理不尽 東京パラ 谷真海の不出場はこのままでいいのか 論説委員・別府育郎

トレーニングするパラリンピックの谷(旧姓佐藤)真海選手=2017年1月18日午後、東京・芝浦のウイダートレーニングラボ(酒巻俊介撮影)
Messenger

 ◆東京パラリンピック

 「残酷ですよね」と、彼女は言った。

 2020年東京パラリンピックのパラトライアスロン実施8種目が発表された。昨年の世界選手権を制した谷真海が出場する運動機能障害PTS4のクラスは、実施を見送られた。出場選手数抑制のためという。

 体重別競技のクラス変更とは事情が異なる。障害の軽重は自身で選べない。大会の顔となるべき彼女は出場資格を失う。彼女の不在は「東京」にとって、大きな損失である。

 それ以上に、彼女自身の失意が大きい。

 大会時、5歳になる息子の応援をパラリンピックの沿道から受ける夢が、ついえようとしている。勝負に敗れたならともかく、手の届かぬところで。

 ◆谷真海

 彼女ほど、五輪の招致やパラリンピックの周知に貢献したアスリートはいない。あげくにこの仕打ちか、と悲しくなる。

 彼女ほど、若くして多くの試練を乗り越えてきた人を知らない。あげくにこれも試練と乗り越えよと、誰が言えるか。

 笑顔がすてきな佐藤真海は早大生だった20歳の4月、骨肉腫のため手術で右足の膝から下をなくした。泣いてばかりの日々を救ったのはスポーツ義足との出合いだった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ