PR

ニュース コラム

【主張】容疑者逃走 警察は大失態を猛省せよ

Messenger

 大失態である。警察が治安を危うくしている。あろうことか署内から容疑者を逃がし、住民がその事実を知ったのは翌日だった。

 大阪府警富田林署から12日夜、勾留中の男が弁護士との接見後に逃走した事件である。

 信じがたいほどのずさんさで、社会に与えた不安は計り知れない。警察は猛省しなければならない。

 警察庁は、留置施設の点検など再発防止の措置を都道府県警に指示した。菅義偉官房長官は「誠に遺憾で、あってはならない。緊張感を持って業務に当たる必要がある」と述べた。指摘された緊張感の欠如は深刻だ。

 面会室のアクリル板には蹴られた跡があり、弁護士側に外れていた。そのまま無施錠の弁護士側の扉から逃走したらしい。同署が防犯メールで住民に注意を喚起したのは、発覚から8時間以上経過した後である。

 男は今年5月以降、強制性交や強盗傷害などの容疑で4回も逮捕されていた。逃走中に新たな事件を起こす可能性もある。住民はどれだけ不安な思いをしているだろう。逃走情報周知こそ何より急ぐべきだった。

 同署幹部は「確実ではない情報を流すと、不安を助長する」と述べた。言い訳にさえなっていない。逃走の事実確認に8時間を要したのなら、それだけで警察失格である。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ