PR

ニュース コラム

【日曜に書く】〝読み合わせ〟で泣くことしかできなかった「8・12」 論説委員・清湖口敏

日航ジャンボ機墜落事故から12日で33年となるのを前に、「御巣鷹の尾根」の麓の神流川に灯籠を流す子どもら=11日夕、群馬県上野村
Messenger

 論説委員になるまでの長い校閲記者勤めのなかでも、とりわけつらかった経験として毎年思い出されることがある。昭和60年8月12日、群馬県の御巣鷹の尾根に日航ジャンボ機が墜落し、520人が犠牲となった。

読み合わせ

 新聞制作の全てが電子化された現在とは違い、当時は鉛の活字を使った活版が主流だった。校閲作業は2人一組での「読み合わせ」が中心で、一方が記事単位の組み版を刷った棒ゲラを声に出して読み、他方が鉛筆書きの原稿を目で追う。活字の鋳造・植字が原稿通りになっているかを照合しつつ、記事の内容も精査していくのである。

 連日、事故関連の記事が大量に校閲部に回ってきた。

 墜落寸前の機内で妻に「(子供らを)たのむ」、愛児には「立派になれ」と遺書を走り書きした人。「神様たすけて下さい」と書き残した人も-。

 奇跡的に生還した女性は、墜落後に気を失いかけたが、やはり助かった8歳の娘に「眠っちゃだめ」と励まされたという。女性は後に、夫ら家族3人の死を娘に告げた-。

 夫を亡くしながらも遺体安置所に姿を見せない妻がいた。乗員の妻である。「乗客のご家族に申し訳なくて…」-。

 このような記事を読み上げるうちに、私の声は次第に鼻声となり、目も潤んでくる。編集という時間との勝負のなかで、滲(にじ)んだ文字に目を凝らそうと焦れば焦るほど、神経の集中を欠くありさまだった。つらかった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ