産経ニュース

【編集局から】トランプ流のほころび?! 折れるどころかイラン制裁のカードも中国に握られる

ニュース コラム

記事詳細

更新

【編集局から】
トランプ流のほころび?! 折れるどころかイラン制裁のカードも中国に握られる

中国の習近平国家主席(左)と米国のトランプ大統領=北京(AP) 中国の習近平国家主席(左)と米国のトランプ大統領=北京(AP)

 強引なディール(取引)外交を展開するトランプ米大統領ですが、ここにきてほころびが目立つようになってきました。中国との貿易摩擦もその一つでしょう。

 中国製品への制裁関税をちらつかせれば、いずれ中国は折れる-。そんな思惑は見事に外れ、一歩も引かない中国とのチキンレース(度胸試しの勝負)に終わりは見えません。一方で顕在化しつつあるのは米企業などの反発と自国経済へのマイナス影響です。

 イラン制裁の再発動についても、各国がイラン産原油の輸入を停止すれば価格の上昇圧力となるのは確実で、ガソリン価格に敏感な米国民を刺激するはずです。しかも、イラン産原油の最大輸入国は中国。制裁が機能するかどうかのカードを中国に握られた格好となりました。これらのほころびが広がれば、景気拡大が続く米経済にどれほどのダメージを与えるのか。注意深く見守っていきたいと思います。(編集長 島田耕)

「ニュース」のランキング