産経ニュース

【石平のChina Watch】トランプ政権が発動した貿易戦争が狙う「中国潰し」

ニュース コラム

記事詳細

更新

【石平のChina Watch】
トランプ政権が発動した貿易戦争が狙う「中国潰し」

米中貿易摩擦などをきっかけに、苦しい立場に追い込まれている中国の習近平国家主席=7月26日、南アフリカ・ヨハネスブルク(ロイター) 米中貿易摩擦などをきっかけに、苦しい立場に追い込まれている中国の習近平国家主席=7月26日、南アフリカ・ヨハネスブルク(ロイター)

 つまり米国こそは、中国の貿易黒字稼ぎの最大のお得意さまであるのだが、米国から本格的な貿易戦争を仕掛けられると、貿易黒字と外貨保有の大幅減は避けられない。そうなれば肝心なところで輸入に頼っている中国の産業がダメになるだけでなく、食糧・エネルギーの安全までが脅かされ、社会的・政治的不安が拡大するのは必至である。

 それに加えて、中国は一帯一路と称する国際的投資プロジェクトを進めていくのにも資金源となる豊富な外貨を持たなければならないし、南シナ海戦略の推進に当たって一部の関係国を経済援助で籠絡するためにも外貨は必要である。貿易黒字と外貨の大幅減は、習近平政権の国際戦略を無力化してしまうのである。

 こうしてみると、中国からの貿易赤字(すなわち中国にとっての貿易黒字)の是正を目標とした米国の貿易戦争は、中国の対外輸出を直撃し中国の稼ぐ貿易黒字と外貨準備高の大幅減をもたらすことによって、中国の経済・産業、国民生活・外交戦略に多大な打撃を与えかねない状況であることが分かる。そして中国の立場からすれば、米国の仕掛けた貿易戦争は単なる貿易領域の戦争ではなく、中国の経済と産業、そして政治と外交に大打撃を与えようとする「全面戦争」なのだ。

 あるいは、貿易戦争を発動したトランプ政権の狙いは最初からそういうところにあるのかもしれない。トランプ政権は、貿易戦争の発動で本格的な「中国潰し」に取り掛かろうとしているのである。

                  

【プロフィル】石平(せき・へい) 1962年、中国四川省生まれ。北京大学哲学部卒。88年来日し、神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了。民間研究機関を経て、評論活動に入る。『謀略家たちの中国』など著書多数。平成19年、日本国籍を取得。

「ニュース」のランキング