PR

ニュース コラム

【日曜に書く】スマホは「神経寄生生物」か 論説委員・長辻象平

「歩きスマホ」をする人(村本聡撮影)
Messenger

 昨日も、歩きスマホの男女と何度もぶつかりそうになった。朝晩の地下鉄のホームや改札口付近である。

 スマートフォンは、携帯情報通信端末だ。平成30年版「情報通信白書」によると、普及が始まってから、わずか8年ほどの間に利用率は爆発的な伸びを見せている。

 20代から40代の成人では95~86%が持っている。中高生などは80%、小学生でも30%というから改めて驚かされる。ほぼ、どっぷりのスマホ漬け人生ではないか。電車の中でも脇目も振らず、LINE(ライン)やゲームに一心不乱の毎日だ。

 ◆コオロギを操る寄生虫

 草むらで暮らすコオロギが自分から川や池に飛び込んで死ぬという不思議な行動が、フランスの進化生物学者によって研究された。

 調べてみると水に身を投じるコオロギたちは寄生生物のハリガネムシを体内に宿していたという。日本ではカマキリの腹中に多くいるので、くねくね動く黒いゴムひものような姿を見たことがある人も多いだろう。

 ハリガネムシは本来、水生生物なので、水中で子孫を残すために宿主のコオロギを川や池に飛び込ませ、体内から泳ぎ出ていたのだった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ