産経ニュース

【編集局から】一寸先は闇 自民党総裁選「もう終わった」と言うなかれ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【編集局から】
一寸先は闇 自民党総裁選「もう終わった」と言うなかれ

 自民党総裁選での安倍首相の連続3選を支持する4派閥の幹部会合=3日午後、東京・永田町の党本部  自民党総裁選での安倍首相の連続3選を支持する4派閥の幹部会合=3日午後、東京・永田町の党本部

 自民党総裁選は「もう終わった」と言うなかれ。“一寸先は闇”が政治の世界だ。

 岸田文雄政調会長は7月24日、立候補見送りと安倍晋三首相の3選支持を表明した。「禅譲論」と「主戦論」が交錯する中での決断だったが、本紙は首相が不信感を覚え、遅きに失したと断じた。岸田氏は首相に「私はどうしたらいいのでしょうか」と尋ねたというがお人よしが過ぎる。

 そして野田聖子総務相。情報公開請求漏洩(ろうえい)について「しっかり反省」と述べ、改めて出馬に意欲を示したというがダメージは計り知れない。

 そんな中、党内第3派閥の竹下派の参院議員21人が石破茂元幹事長の支持に回るというが、国会議員票7割を固めた首相の優位は変わるまい。

 7月27日付紙面で青山繁晴参院議員が「石破氏が地方行脚する努力は大したものだが首相はその間、各国首脳と特別な関係を築いた」と指摘したが、両者の違いはここだろう。(副編集長 黒沢通)

「ニュース」のランキング