PR

ニュース コラム

【正論】なぜ北の非核化は進まないのか 拓殖大学総長・森本敏

Messenger

 このような米朝の立場の相違もあり、本格交渉の開始に至っていない。交渉をするためにはロジ体制(交渉のメンバー、場所、経費、議事録、記者会見など)の準備が必要となるが、それも行われていない。

 北朝鮮は朝鮮半島の非核化について金正恩委員長が共同声明に署名しており、いずれは交渉に応じてくると思われるが、今までの展開を見るかぎり今後の展望は楽観できない。

 北朝鮮側は、(1)終戦宣言を優先させ、戦争状態が終われば、休戦協定や敵視政策も終わり、在韓米軍や国連軍の撤退も実現されるべきであり、これらが実現しないかぎり非核化交渉には応じられない(2)非核化交渉を急ぐ必要はなく、今後、核物質やミサイルの増産と配備を続ければ優位な立場で米国側と交渉できる-と考えている可能性はある。

 中・露は北朝鮮と同様に終戦宣言に前向きである。それはこのプロセスが進むと在韓米軍撤退の実現や平和協定交渉における自国の役割発揮といったことに期待できるからであり、韓国も同様に平和体制の構築につながると考えているであろう。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ