PR

ニュース コラム

【主張】自民党総裁選 活性化に論争欠かせない

Messenger

 2度目の政権における安倍首相の内政・外交への取り組みは、おおむね国民からも支持されている。しかし、変化の激しい時代に過去6年から次の3年に向けて一本調子で政策を進めるのは、責任ある与党のとるべき道でない。

 景気回復基調にあるとはいえ、経済がいまだに力強さに欠けるのはなぜか。トランプ米政権との間で、いかに日米同盟を維持、強化していくか。人口減少社会に耐えられる政策体系を、どれだけ構築できているだろう。

 従来の政策の延長上では、対応が難しい分野が増えた。基本的な価値観を共有する候補が競う総裁選の政策論争は、勝者ばかりでなく敗者の提案にも意味がある。政府の政策に反映できるものも多かろう。政党の総合力を引き出す機会を活用しない手はない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ