PR

ニュース コラム

【主張】文科省汚職で起訴 裏口入学の全容解明急げ

Messenger

 私立大の支援事業をめぐる汚職事件で、文部科学省の前局長が受託収賄罪で起訴された。

 賄賂は前局長の息子の不正入学とされ、贈賄罪で東京医科大の前理事長と前学長が在宅のまま起訴された。

 公正な入試を歪(ゆが)め、教育行政への信頼を二重三重にも失墜させた。起訴を節目に、大学トップが主導した裏口入学の全容解明が急務だ。疑惑を残したままの幕引きでは、信頼回復も不正防止も望めまい。

 起訴状などによると、容疑は前科学技術・学術政策局長の佐野太被告が官房長だった昨年5月のことである。

 東京都内の飲食店で大学理事長だった臼井正彦被告から、文科省の助成事業の対象に選ばれるよう申請書の書き方を助言してほしいなどと依頼された。その謝礼と知りながら、今年2月の入試で息子を合格させてもらったという。

 前局長は容疑を否認しているが、東京医科大側との面会の場で「息子が一番行きたい大学」などと発言した録音データが残っているという。臼井被告と前学長の鈴木衛被告は今月6日付で大学を辞職した。

 東京医科大の入試は、ペーパーテストによる1次試験の通過者が、面接や小論文などの2次試験を受け合否が決まる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ