PR

ニュース コラム

【西海岸から】日系人の訃報記事…労苦の人生に思いをはせる

Messenger

 日本の「おくやみ」「訃報」と呼ばれる新聞の死亡記事は、著名人や生前に大きな業績を挙げた人々を取り上げるのが通例だ。しかし、米地元紙ロサンゼルス・タイムズなどの記事は、それほど有名ではない人々も取り上げている。

 しかも、亡くなった日時や葬儀日程などの情報をコンパクトにまとめるのではなく、その人が歩んだ人生を振り返り、社会にどれだけ貢献したかを紹介しており、とても興味深い。

 日系社会が根付いてきた土地柄だろう、記事欄は日系人をしばしば取り上げている。多くは先の大戦で強制収容され、戦後の苦難をへて社会的地位を築いてきた人々で、凝縮された文章からはその労苦がにじみ出てくる。

 今年初めに読んだ記事は、欧州の激戦地へ投入された日系人部隊「第442連隊戦闘団」に所属した経験を持ち、100歳で亡くなった男性歯科医を紹介していた。戦後カリフォルニア州に戻ったが、なお日系人排斥のムードが強くシカゴで歯学を修めたという。

 強制収容をめぐって米政府が日系人に謝罪、補償した法の成立に貢献したアイコ・ハージッグ・ヨシナガさんの訃報にも先日、接した。日系社会の礎を築いた世代が次々と鬼籍に入る中、貴重な証言を一つでも多く伝えていこうと改めて思った。(住井亨介)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ