PR

ニュース コラム

【日曜に書く】発生2週間で訪れる被災者の変化…阪神大震災下の連載から 論説委員・河村直哉

 店舗が水害で浸水したため、屋外で無料でカットをする理髪店=20日、岡山県倉敷市(鳥越瑞絵撮影)
Messenger

 古いスクラップ帳がある。

 平成7年1月17日の阪神大震災発生後しばらくして、神戸の若い精神科医に産経新聞夕刊で連載を始めてもらった。

 この医師については何度か書いてきた。震災時、神戸大学医学部の助手だった安克昌(あん・かつまさ)さんである。12年、39歳で亡くなった。

 昨年、東日本大震災に関し、必要なら何度でも安さんの仕事について語ろう、と当欄で書いた。また書くことになるのは、実はつらい。大きな災害が起こってしまった。

 ◆立ち返られるべき仕事

 けれども安さんの仕事は、本当に何度でも振り返られ、立ち返られるべきものなのである。

 がれきとなった神戸を奔走しながら、彼は被災者の精神的な傷つきに向き合っていった。

 「被災地のカルテ」と題した連載は、大震災から約2週間後の1月30日に始まっている。精神科医としての激務をこなしながらの執筆だった。断続的に約1年間続き、改稿、加筆されて『心の傷を癒すということ』という単行本になった。

 スクラップ帳は時系列になっているので、被災地に起こっていた精神的な問題を、リアルタイムで感じることができる。

 今でこそ災害がもたらす心的外傷や心のケアの重要性は広く知られているが、当時は手探りだった。

 連載2回目で安さんは早くも心的外傷を取り上げた。被災していながらいつも以上に仕事に打ち込む人について触れ、「よくみると、表情が堅かったり、声が一本調子だったりする。けっして『大丈夫』ではない」と注意を促している。引用は新聞連載時の文章による。

 避難所訪問も1月に始めた。知った顔でアドバイスするのではなく、安さんは被災者の話にまず耳を傾けようとした。今ではこれらは、「アウトリーチ」や「傾聴」というケアの手法として定着している。

 ケアは専門家だけにまかせてすむものではないということも、早い段階で訴えた。

 「心のケアの問題を精神医療や精神保健の専門機関にかぎらないでほしいと私は思う。…被災者と接する業務を行っているあらゆる機関で、心のケアの問題を頭の片隅においていただきたい」(3月11日付)

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ