PR

ニュース コラム

【黒沢潤のスポーツ茶論】FIFAの「館」に棲む亡霊

ゼップ・ブラッター前FIFA会長(ロイター)
Messenger

 強烈な“アク”の持ち主でありながら、小太りで、どことなく憎めないキャラクター。サッカーファンならずとも、誰しも一度は目にしたことがあるはずの男性が先月、ロシアの地に降り立った。2015年まで約17年間、国際サッカー連盟(FIFA)のトップに君臨したゼップ・ブラッター前会長(82)だ。

 絶大な権力を持ち、汚職の噂が絶えなかったが、同年のFIFA汚職事件で幹部が軒並み逮捕される中、辛くも訴追を免れた。ただ辞任した後、FIFA倫理委員会が怪しげな行為を問題視し、サッカー関連活動を当面禁止にするなど、厳重処分を突き付けられた。

 “謹慎”処分が解除されるのは数年先。こうした中でワールドカップ(W杯)開催中のロシアへの電撃訪問をやってのけた。6月20日のポルトガル-モロッコ戦を観戦し、旧友プーチン露大統領とも会談した。

 「個人的に(大統領側から)招待された。サッカーの関連活動ではない」。ブラッター氏はこううそぶいたという。また、ロシアW杯を「私のW杯のように感じる」とまで言い切った。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ