PR

ニュース コラム

【正論】明治ルネサンスで時代に新風を 文芸批評家、都留文科大学教授・新保祐司

新保祐司氏(瀧誠四郎撮影)
Messenger

 ≪日本人を覚醒させる節目の年≫

 6月12日に行われた米朝首脳会談に象徴されるように北東アジアの安全保障の環境が激変しつつある今日、日本は大きな岐路に立っている。このような危機的な状況が、明治150年の節目の年に到来したのは、日本人に歴史を回顧させ深い覚醒に至らしめんとする何ものかの深慮かもしれない。というのは、日本の今後の進路を考えていく上で、精神の根底にあるべきものは「明治の精神」から受け継ぐことが必要だからである。

 小林秀雄、中村光夫、福田恆存による鼎談(ていだん)「文学と人生」の中で、「トーン」が話題になっている。中村が「小林さん、いろいろ文章を見ていて、文学者に一番大切なことというか、本質的なことって何んだと思いますか」と聞いたのに対して、小林は「トーンをこしらえることじゃないかなあ」と答え、中村は同意している。このトーンとは、人間の根底から作られるものであり、その表に現れるものが何であれ、いわば基調として聴こえてくるものである。

 このトーンを捉えるのが「大切」であるということは、時代精神についても言えることである。時代精神とは、その時代の国民が作りあげるものであり、その時代精神にはそれぞれの時代のトーンがあるからである。明治時代には、明治のトーンがあり、大正時代には、大正のトーンがあった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ