産経ニュース

【正論】トランプ氏の同盟政策を憂う 防衛大学校教授・神谷万丈

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
トランプ氏の同盟政策を憂う 防衛大学校教授・神谷万丈

神谷万丈・防衛大教授 神谷万丈・防衛大教授

 それはさておくとしても、演習の停止が米韓同盟を弱めかねないことが大問題だ。米韓軍事演習の最大の目的は北の南への侵略を抑止・防衛するための能力の向上だが、それに加えて朝鮮半島を超えた北東アジア、東アジアの平和と安定の維持のための能力向上も目指されてきた。そうだとすれば、来るべき構造変動の時代に向けて米韓演習の必要性は決して低下しない。しかし、トランプ氏にはそれに気づいている様子がない。

 トランプ氏に、米国はアジアから地理的に遠いので、そこでの問題は米国の問題ではない、という考え方がみられるのも不安要因だ。米朝首脳会談後の記者会見で、北の非核化のコストを誰が負担するのかという質問に対し、彼は躊躇(ちゅうちょ)なく韓国と日本と答えた。その11日前にも、北への経済支援は日中韓が行うべきで米国は費用を払う必要はないと述べている。衝撃的だったのは「朝鮮半島は米国からとても遠い」と述べて主張を正当化しようとしたことだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング