産経ニュース

【正論】トランプ氏の同盟政策を憂う 防衛大学校教授・神谷万丈

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
トランプ氏の同盟政策を憂う 防衛大学校教授・神谷万丈

神谷万丈・防衛大教授 神谷万丈・防衛大教授

 この65年間、北東アジアの平和と安定は、朝鮮半島の南半分に大規模な米国の軍事力が国連軍という機能も果たしつつ存在し、在日米軍および日米同盟と密接に連携しているということを前提にして維持されてきた。米朝会談が本当に成功ならば、北の核と弾道ミサイルは遠からず除去され、朝鮮戦争の終戦協定締結がそれに続くだろう。南北間でも平和のための協定が結ばれよう。それは地域にとって好ましい。

 しかし同時に地域における国際構造の大変動の序曲となることを見逃してはならない。朝鮮国連軍は存在理由を失い在韓米軍にも縮小圧力がかかろう。在日米軍と日米同盟も大きな影響を受けよう。こうした動きは北東アジアにおける力のバランスを変化させる。中国の安全保障政策に変化が生じ、それが日本の安全保障政策にも変容をもたらすかもしれない。

 国際政治学が教えるのは、こうした大変動の時期には、国際システムが不安定化しやすく危険だということだ。それに対処するためにこの地域で求められるのは、米国が中心となり米韓同盟と日米同盟を維持・強化することなのだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング