産経ニュース

【国語逍遥】(99)セシールCMのフランス語は「幸せそう」? 聞きなしは気持ちや環境うつしだす 清湖口敏

ニュース コラム

記事詳細

更新

【国語逍遥】
(99)セシールCMのフランス語は「幸せそう」? 聞きなしは気持ちや環境うつしだす 清湖口敏

セシールのサウンドロゴは何て聞こえる? セシールのサウンドロゴは何て聞こえる?

 通販大手のディノス・セシールが先頃、面白い調査結果を発表した。

 20~60歳代の男女計千人を対象に、「セシール」のテレビCMで流しているフランス語のサウンドロゴがどのように聞こえているかという「空耳実態調査」を実施したのである。

 ああ、あのフレーズかとピンときた読者も少なくなかろう。カタカナで表せば「イロッフル・サ・コンフィアンス・エ・ソナムール」。「愛と信頼をお届けする」の仏訳だそうだ。

 CMでの使用開始は昭和58年と古く、一時の中断をはさんで昨年、23年ぶりに復活した。当初から「何と言っているのか」との問い合わせが多かったという。

 選択回答の結果は別掲グラフの通りである。1位の「しもふさ君 幸せそうなのに」から5位の「白くまくん 幸せそうなの」まで、全てに「幸せそう」が含まれている。自由回答でも「フィアンセ 幸せそう」(30代女性)、「幸せそうなたぬき君」(20代男性)といったように「幸せそう」が多く目につく。

 ここで本論に入る前に、調査で銘打たれた「空耳」という言葉に触れておきたい。大抵の辞書が「音や声がしないのに聞こえたように感じること」「聞いて聞かないふりをすること」と定義していることでも明らかなように、「どのように聞こえるか」の意味で空耳を使うのは必ずしも伝統的な用法とはいえない。

 ただ、三省堂国語辞典は空耳に「聞きまちがい」の語義を加え、テレビ朝日系の深夜番組「タモリ倶楽部」にも、外国アーティストの楽曲の一部について「言われてみればそのように聞こえる」という「空耳アワー」がある。この種の「空耳」が一般化してきているのかもしれない。

 セシールの調査をもし、伝統的な言い方で表すとすれば、「聞きなし(聞き做し)」(動詞は「聞きなす」)ということになろうか。聞きなしは従来、主に鳥の鳴き声に関して使われてきた言葉だが、外国語の聞こえ方にまで範囲を広げても特に問題はあるまい。

続きを読む

「ニュース」のランキング