産経ニュース

【主張】大飯原発訴訟 政治の覚悟を問う判決だ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
大飯原発訴訟 政治の覚悟を問う判決だ

 また、規制委が大飯原発の安全審査に用いた新規制基準にも不合理な点はないとした。

 控訴審では、原発の耐震設計の基礎となる基準地震動の大きさが争点となったが、高裁は関電の取り組みを妥当と認めた。

 関電が地震を起こす活断層の規模を、より大きく見積もることで過小評価になることを防いでいる点が是認されたのだ。

 判決に、福島事故を踏まえて「わが国のとるべき道として原子力発電そのものを廃止・禁止することは大いに可能であろう」とする文言が含まれていることに注目したい。

 その是非は、「もはや司法の役割を超え、国民世論として幅広く議論され、それを背景とした立法府や行政府による政治的な判断に委ねられるべき事柄である」と高裁は指摘した。

 つまりは、政治の覚悟が厳しく問われているのだ。

「ニュース」のランキング