産経ニュース

【ポトマック通信】米国で旧ソ連の一端を味わうには…

ニュース コラム

記事詳細

更新

【ポトマック通信】
米国で旧ソ連の一端を味わうには…

 旧ソ連での暮らしの一端を味わいたければ「DMV」に行けばいいと米国人は自嘲気味にいう。運転免許証の取得や更新、自動車の登録をする州車両管理局のことだ。悪名高かったという共産圏の商店さながらの長い行列が待っている。

 免許証を更新するため今年もDMVを訪れた。私が住むバージニア州では、米国人ならインターネットで更新できるが、外国人は毎年出頭してビザ(査証)や居住地確認のための書類を提出して更新しなければならないから大変だ。

 実は2年前に免許証を一時失効させてしまったことがある。在留資格の確認に10日以上かかることを知らなかったためだ。昨年に続き1カ月近くの余裕をみてDMVに出かけた。

 平日の出勤前ということもあり列は短く、手続きもスムーズで、後は電話での呼び出しを待つだけになった。しかし、目安の10日間を過ぎても一向に電話が鳴らない。問い合わせると、「パスポートを持ってDMVに行って」とのこと。

 今度の待ち時間は3時間で、更新できると思えば苦にならなかったが、なぜか前回と同じ手続きが終わると、「10日ほどで電話します」。最初に応対した新人がとちったのだ。抗議したが無謬(むびゅう)の「共産官僚」には通じず、再び一時失効の憂き目を見ることになった。(加納宏幸)

「ニュース」のランキング