PR

ニュース コラム

【日曜に書く】河野太郎外相が「勝負色」の赤ネクタイに秘めた思い 論説委員・清湖口敏

北京の中南海で中国の李克強首相(右)と握手する河野太郎外相=1月28日(共同)
Messenger

 処分してもう10年以上になるだろうか、わずかに樺(かば)色がかった赤の無地のネクタイをかつて持っていた。何となく気恥ずかしく思われて2、3回くらいしか締めた記憶がない。自分で赤を買う勇気はなかったはずだから、いつぞやの父の日にでも家族からもらったものだろう。

日中外相会談で

 このネクタイのことを思い出したのは、随分前の話ながら、河野太郎外相が中国を訪問した1月末のことである。王毅外相との会談に臨んだ河野氏は中国国旗と同色の赤のネクタイを着けていた。本紙特派員は《中国にこびへつらうためではないだろうが》と前置きし、記事を次のように続けた。《これを見た王氏は椅子に肘をかけたまま、こう述べた。「きょう、お着けになっている赤いネクタイは、気持ちや願いを表しているのではないかと思います」》

 まるで日本が中国にすり寄ってきたと言わんばかりである。とにかく赤と見れば何でも自国が信奉する共産主義のシンボルカラーだと決めつけるようなお国柄だから、中国の政治家の尊大な物言いには慣れているつもりだが、それでもこの発言には腹立ちを抑え切れなかった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ