産経ニュース

【国語逍遙(98)】昼の社内で あなたなら、どんな挨拶を? 清湖口敏

ニュース コラム

記事詳細

更新

【国語逍遙(98)】
昼の社内で あなたなら、どんな挨拶を? 清湖口敏

昼下がりの社内トイレ。隣に上司が来たら、あなたはどんな挨拶をする? 昼下がりの社内トイレ。隣に上司が来たら、あなたはどんな挨拶をする?

 太洋自動車の7階男子トイレで小用を足していた根本の隣に田辺専務が来た。「おはようございます」。入社6年目の根本が反射的に挨拶し、すぐさま「しまった!」と思った。既に午後1時半を過ぎている。案の定、直属の上司である女性課長を通じて専務の怒りが伝えられた。「君たちは芸能界の人間か。昼におはようとは何事か」-。

 早速、根本の先輩が反発した。「『おはようございます』がダメなら何といえばいいんです」「『こんにちは』って頭を下げるんですか」。後輩も続く。「課長は女性だからわからないんです。トイレで役員と二人きりになったときの、あのプレッシャーを」…。

 吉村達也の短編推理小説『専務、おはようございます』は、このあと思いも寄らない恐怖の展開を見せるのだが、それは小説を読んでのお楽しみとしよう。

 小説が描くように確かに社内では、上司に対する朝の挨拶は「おはようございます」で決まりなのに、昼に「こんにちは」とは言いにくい。なぜだろうか。

 「こんにちは」は、そのあとの「よいお天気で…」などが省略されたまま定着した挨拶語だから、「おはよう」のように「ございます」と続けることができない。つまり「こんにちは」は目上への敬意表現をもたないことになり、相手との関係で言葉を使い分ける待遇表現をことさら重んじる日本人が、上司に「こんにちは」とは言いにくいと感じてしまうのも無理からぬことではある。「こんにちは」には何となく気安い、ときにはなれなれしい語感さえもあると思う人は決して少なくないだろう。

続きを読む

「ニュース」のランキング