産経ニュース

【主張】米朝首脳会談 「同盟の真価」が問われる

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
米朝首脳会談 「同盟の真価」が問われる

 米朝会談の行方次第では、朝鮮戦争後に固定化した朝鮮半島をめぐる安全保障環境を激変させる可能性があることも注視したい。

 在韓米軍の撤退や大幅縮小、米韓同盟の空洞化につながれば、日本にとって対馬が最前線となる。外交上、防衛上の負担が増す恐れがある。

 北朝鮮の核・ミサイルの脅威は除かねばならないが、実現しても「平和の配当」は難しい。中国に備えるための弾道ミサイル防衛などの整備は怠れないからだ。

 トランプ氏は、北朝鮮に準中距離弾道ミサイルの保有などを認めるといった、日本の安全を犠牲にする妥協は避けるべきだ。日本国民の日米同盟に対する信頼が揺らぐリスクは極めて大きい。

 米軍基地の容認を前提とする日米同盟は、北大西洋条約機構(NATO)と並び、米国が主体となって作った世界秩序を支える基盤である。日米同盟の動揺は、海洋覇権を追求する中国を喜ばせる。「日米同盟の真価」が問われている視点を欠いてはならない。

「ニュース」のランキング