産経ニュース

【野口健の直球&曲球】栗城史多さん、1つぐらい諦めてもよかったのに…

ニュース コラム

記事詳細

更新

【野口健の直球&曲球】
栗城史多さん、1つぐらい諦めてもよかったのに…

登山家の栗城史多さん(大山実撮影) 登山家の栗城史多さん(大山実撮影)

 世間に大きく注目され、引くに引けない状況まで追い込まれていたのかもしれない。登山家は、無事に登り、生きて帰ってくるためには自分を客観しなければいけない。心の弱さが招いてしまった遭難だろうとも感じる。登山スタイルを変えても栗城さんの魅力がうせることはなかったはず。人生、1つぐらい諦めてもよかったのに、と。

                  

【プロフィル】野口健(のぐち・けん) アルピニスト。1973年、米ボストン生まれ。亜細亜大卒。25歳で7大陸最高峰最年少登頂の世界記録を達成(当時)。エベレスト・富士山の清掃登山、地球温暖化問題、戦没者遺骨収集など、幅広いジャンルで活躍。新刊は『震災が起きた後で死なないために』(PHP新書)。

「ニュース」のランキング