PR

ニュース コラム

【正論】「議論の本位」定め大事を論ぜよ 拓殖大学学事顧問・渡辺利夫

Messenger

 維新が成って間もない明治4年、新政府は岩倉具視を特命全権大使、木戸孝允、大久保利通、伊藤博文などを副使とする総勢107人の「岩倉使節団」を欧米に派した。維新政府の要人中の要人が実に1年9カ月をかけて米国、英国、フランス、ドイツ、ロシア、その他全12カ国を訪問し、スエズ運河、インド洋、マラッカ海峡を抜けて帰国した。新政府そのものがユーラシア大陸を長駆一巡したかのごとき壮図であった。

 文明を「体得」した岩倉使節団

 後に維新三傑といわれた大久保、木戸、西郷隆盛のうち、日本に残ったのは西郷のみであった。西郷の傑出した存在感に期待しての出帆だったのであろう。実際、西郷なくして廃藩置県が成功したとは思えない。西郷は薩摩、長州、土佐3藩の藩兵を解き、これを新政府直属の御親兵として組織、その頂点にいた。西郷は信望と人物の器の大きさを備えた最高権力者であった。政府は西郷に「留守政府」を任せ、西郷もその任に辛うじて耐えた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ