PR

ニュース コラム

【主張】岡山女児殺害 惨劇繰り返さない措置を

Messenger

 この種の犯行は、繰り返される傾向がある。そして、その結果はあまりにも重大である。

 13歳未満の被害者に対する性犯罪で服役した出所者については法務省が警察庁に情報を提供し、警察署などが定期的に所在を確認する出所者情報提供制度がある。だが、必ずしも十分ではない。

 米国では全州で、性犯罪者は顔写真と個人情報がネットで公開されている。韓国や英国、ドイツ、米国の多くの州などでは、特定の前科前歴者に対して衛星利用測位システム(GPS)の装着を義務づけ、成果を挙げている。

 国内でも宮城県や大阪府が性犯罪前歴者などを対象とするGPSの携帯を義務づける条例を検討したことがあるが、人権侵害や監視社会につながるなどの反対もあり、制定には至っていない。

 だが悲惨な事件はもうたくさんだ。少しでも効果が望めるなら導入を躊躇(ちゅうちょ)すべきでない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ