PR

ニュース コラム

【主張】日大フェニックス 学生に部の再生を委ねよ

Messenger

 大塚氏は先の会見で、内田氏の指示などについて「第三者委員会に任せている」と繰り返したが、当の委員会は設置すらされていない。第三者委員会が時間稼ぎのための口実なら、部の復活も大学の信用回復も遠のくばかりである。企業や学生に呼びかける前にやるべきことがあるだろう。

 現役部員も同じ日、声明を発表した。「監督、コーチの指示に盲目的に従ってきた」ふがいなさを反省し、「部全体が生まれ変わる必要があること」の自覚を訴えている。彼らに部の再生を委ねるべきである。

 大学は、彼らの邪魔をしてはならない。具体的には、部と学内に絶大な権限を持つ内田氏の影響力を排することである。

 声明は、「アメフットが好きではなくなった」と退部を決意している宮川選手の復帰も願っている。その説得の大きな責任は、現役部員全員が負う。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ