産経ニュース

【海峡を越えて 「朝のくに」ものがたり】(19)イムジン河と北の国歌 「日本人は統一に反対」の嘘

ニュース コラム

記事詳細

更新

【海峡を越えて 「朝のくに」ものがたり】
(19)イムジン河と北の国歌 「日本人は統一に反対」の嘘

 だが、フォーク・クルセダーズのメンバーやレコード会社は“その出自”を詳しく知らず、レコード発売の際に「朝鮮民謡」とクレジットした。それを知った総連側が作詞作曲者名と北朝鮮の正式国名の2つをクレジットすることを求めて抗議。政治問題化を懸念したレコード会社と親会社の家電メーカーが発売中止を決めたのが真相である。

 朴が書いたオリジナルの歌詞は2番までだが、実は南北統一を願う「幻の3番」があったという。日本の「イムジン河」も長いオクラ入りから2000年代に復活。今や“アジアのイマジン”と呼ばれ、日朝韓の多くのアーティストによって歌われている。

続きを読む

このニュースの写真

  • (19)イムジン河と北の国歌 「日本人は統一に反対」の嘘
  • (19)イムジン河と北の国歌 「日本人は統一に反対」の嘘

「ニュース」のランキング