産経ニュース

【海峡を越えて 「朝のくに」ものがたり】(19)イムジン河と北の国歌 「日本人は統一に反対」の嘘

ニュース コラム

記事詳細

更新

【海峡を越えて 「朝のくに」ものがたり】
(19)イムジン河と北の国歌 「日本人は統一に反対」の嘘

 もちろん、北朝鮮主導の赤化統一や在韓米軍撤退論、カネをめぐる理不尽な要求には断固反対すべきだ。ただ、基本的に統一によって東アジアが安定するのは日本の安全保障上も好ましい事態だし、北が“開かれた国”となって拉致被害者を帰し、改革開放経済の道を歩むのならば、多くの日本人は反対しないだろう。あるいは、さほど関心がないか、だ。

 心情的な面もある。南北分断が、米ソ(当時)の戦後戦略によって生まれたものとはいえ、日本が戦争に負けなければ、その後、分断のない形での独立になったかもしれない。分断の悲劇をわがことのように痛み、大衆運動や文化・芸術に込めてきた日本人はこれまでも星の数ほどいた。

続きを読む

このニュースの写真

  • (19)イムジン河と北の国歌 「日本人は統一に反対」の嘘
  • (19)イムジン河と北の国歌 「日本人は統一に反対」の嘘

「ニュース」のランキング