PR

ニュース コラム

【主張】武田の大型買収 世界に確かな存在感示せ

Messenger

 真のグローバル企業として世界を相手に確かな存在感を示すことができるか。経営手腕が問われる挑戦である。

 国内製薬大手の武田薬品工業が約6兆8千億円を投じ、アイルランドの製薬大手、シャイアーを買収することで同社と合意した。

 日本企業では過去最大規模のM&A(合併・買収)となる。武田は世界の製薬業界で上位10社の仲間入りを果たし、国際市場での勝ち残りを目指す。

 日本が人口減少社会を迎える中で、世界の成長を取り込もうと日本企業による海外企業の大型買収が増えている。だが、買収先の舵(かじ)取りが難航し、買収による統合効果をうまく発揮できていない事例も見受けられる。

 それだけに今回の大胆な経営判断に対する注目度は高い。グローバル化を目指す日本企業にとり、大型買収のモデルとなるような成果を生み出してもらいたい。

 世界の製薬業界でも大型買収が相次いでいる。新薬開発には多額の費用と時間がかかるため、相手企業が持つ技術や販路などを買収で一気に手に入れる競争が激しくなっているからだ。

 一方、日本では高齢化の進展で医療費が増加し、その抑制に向けて薬価引き下げが続く。業界予測では国内製薬市場は、2016年度の10兆円から22年度には8兆円に縮小が見込まれるという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ