PR

ニュース コラム

【主張】3米国人解放 拉致解決への導灯とせよ

Messenger

 だが、拉致問題の具体的進展を行動で示さない限り、交渉に応じてはならない。安易な「日本置き去り論」など無視して原則を貫くべきである。

 トランプ氏は拉致問題に深い理解を示している。日中韓サミットの共同宣言には「中韓両首脳は拉致問題が対話を通じて可能な限り早期に解決されることを希望する」と記された。文言は弱いが、「拉致」の2文字が明記されたことに意味はある。

 北朝鮮側は、米国人3人を解放したことで人権問題にけりをつけ、拉致問題と切り離したいのだろう。そんな策動に乗せられてはならない。

 国際社会の協力を取り付け、制裁を突きつけ続ける。日本は拉致問題の解決なしには動かない。相手にそう理解させるしか、拉致被害者奪還の道はない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ